2017(平成29)年10月19日~12月14日に全6回の講座を開催し、盛況のうちに終了しました。

【講座の内容】
第1回 巨大地震に出逢ったときのあなたの生存確率は?
第2回 北九州市防災マニュアルの学び直し
第3回 災害時・なんらかの障害を持つ人たちをどう支えるか
第4回 子ども連れ・妊娠中の女性・高齢者にとっての防災行動
第5回 防災備蓄の知恵と実際/どういう物品の備えが必要か
第6回 この講座で得たこと、実践していきたいと思ったことなど

~~~参加者のアンケートより(一部抜粋)~~~
・北九州市の防災ガイドブックをしっかり読み直し、今日の学びを近所の方とも共有したい
・避難指示・避難勧告の違いなど家族に話し、防災リュックも準備したい
・災害時パニック状態の時は手助けする側が気持ちを落ち着かせて事にあたることが何より大事と認識
・「福祉避難所」を初めて知った。認知症や障害のある方は、大声で呼び掛けたり急がせたりするのは避けなければいけないことも
・日頃から近所の様子を知ってコミュニケーションを取る心掛けが大切と思った
・体温・体力・水の3点を心掛け、まずは3日間を維持