【重要】シンポジウム中止のお知らせ

現在、新型コロナウイルスの感染者が国内で確認され、県内においても感染者が発生しているため、感染予防の観点より、2020年3月7日(土)に予定していましたシンポジウムを中止することといたしました。

参加を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を頂けますよう、よろしくお願いいたします。

【ご案内】とにかく参加してみよう!楽しくてためになるシンポジウムのお知らせ

 一年間の活動を締めくくるシンポジウムを今年度も

実施します。

 会員はもとより、会員でない方もぜひお誘いくださ

い。多くの方のご参加をお待ちしています。

 

今なぜSDGsなの? 
       そもそもSDGsって何?

 私たちの生活にどう関係するの?

  知らなかったらどうなるの? 

   なぜ国連が
     わざわざそんなこと決めたの?

 私たちのこれからの生活に大きく影響するSDGsの目的や内容について学んでみませんか?SDGsは持続可能な(Sustainable)開発(Development)目標(Goals)の略称で、2030年までに達成すべき国際的な約束です。
 私たちの街 北九州市の大学「北九州市立大学」は、地域に開かれた大学として現在人気上昇中で頑張っています。まだ訪れたことがない方は特に、この機会に是非足を運んでみませんか。新しい発見で脳をワクワクさせましょう!

  日時:2020年3月7日(土)13:30~17:00(受付 13:00~)
場所:北九州市立大学北方キャンパス 本館1階 A-101教室
     参加費:無料

  第1部 基調講演[SDGsのめざす地球社会の未来像](仮題)
     講師:近藤倫明先生 北九州市立大学名誉教授(前学長) 
               北九州ESD協議会代表

  第2部 関連するいくつかの分野から8人の方の報告と問題提起があります。
     (詳細は続報にて)

 

  ※キャンパス内には駐車場はございません。
   公共交通機関をご利用くださいますよう、ご協力をお願いいたします。

[主 催]高齢社会をよくする北九州女性の会
[共 催]コラボラキャンパスネットワーク
     NPO法人北九州サスティナビリティ研究所(予定)
[後 援]北九州市(予定)
[問合先]高齢社会をよくする北九州女性の会事務局

【ご報告】第29回 シンポジウム 人権が守られ誰もが人間らしく生きられる社会のために

 去る平成30年12月1日に北九州市立生涯学習センターにて、楠凡之先生の基調講演「子どもの人権と虐待防止」を開催いたしました。
 楠先生のお話によって、学生さんたちが幼少期に体験した虐待やいじめによってどれだけ深く傷つき、苦しんできたかが如実に伝わり、深く心を動かされました。
 次いで、「リップル福岡」の加賀稔子さから、若い世代の交際中に起きるデートDVについて、若い人たちの関係性のあり方やその改善点についての報告がありました。
 最後の発題「ネスト」理事長林 澄江さんから、知的障害など、目に見えぬ障害のある若い人たちが、家庭の中に閉じこもるのでなく、社会的自立をめざし地域社会での交流を大切にしながら普通に生きられる場として、親たちの願いから始まった「ネスト」の活動について学びました。

【参加者の声】
 *楠先生の講演を聞き、いろんな形の虐待をリアルに知ることが出来た
  *学生さんたちの悲痛な心の叫びに胸打たれ、大きな学びの場になった
  *デートDVの講演の中で高校生に理解してもらえるよう学生に出向いて授業をされていることを知り、
   一人でも多くの若い人たちに声が届くことを願った
  *ネストの活動に感動。障がいのある人たちとその家族や地域の人たちが支え合って交流をはかって
   いることに大変な努力と熱意を感じた。