第35回総会のご案内

  慣れ親しんだ「平成」の時代が終わりを告げ、色鮮やかな新緑の香とともに
「令和」への代替わりが滞りなく行われたこの5月。
長かった連休もいつの間にか過ぎ早や立夏。ようやく日常が戻ってきた感があります。
 平成の始まりより4年早く、1985年6月に発足した私たちの会も、平成の時代と
軌を一にする形で35年目を迎えました。記念すべき節目の年である今年の第35回総会は、
NPO法人高齢社会をよくする女性の会(全国) 樋口恵子理事長を迎えての基調講演、
引き続いて北橋健治北九州市長と冨安兆子当会代表を交えての鼎談を企画しています。
 高齢化・少子化が益々進む近未来を、私たちはどのように生き抜いていけばよいのか、
ご一緒に考える又とない機会です。お忙しいとは思いますが、体調を調えて、ぜひご参加ください。
尚、今年度は<第1部>総会議事、<第2部>記念講演&市長との鼎談、<第3部>記念交流会
(参加費5000円予定)の3部構成になっています。1部/2部の会場が異なりますのでご注意ください。

【会員の方へ】
総会出・欠席のお返事がないと総会が成立しないおそれがあります。
同封のハガキで参加のご都合を5月31日までにお知らせください。

日時:2019年6月30日(日)13:00~17:15(受付12:30~)

第一部:総会議事(13:00~14:00) 市立生涯学習総合センター 3Fホール)

  *2018年度事業/決算/監査報告      

  *2019年度事業計画/予算審議/役員構成の承認  

≪ 移 動 ≫

第二部:講演&市長との鼎談(14:40~17:10)(受付14:20~) (小倉リーセントホテル2F 玄海の間 )  

テーマ:人生100年時代の『傾向と対策』~納得して生き満足して死を迎える人生のために~

第三部:交流会(17:45~19:45) (受付17:15~) (小倉リーセントホテル1Fガーデンホール)

 なお、交流会(参加費5000円) 参加ご希望の方は同封ハガキでお申込みください。

※記念講演・鼎談・交流会は会員でない方も参加できます。
 友人・知人など広くお声をかけてお誘いください。

〈ムーブフェスタ2019市民企画事業〉※沖藤典子講演会のご案内

 沖藤典子さんは1979年『女が職場を去る日』の出版で、当時の職業を持つ女性たちが、女性ならではの理由で
理不尽にも仕事を中断せざるを得なかった事情をえがき出し、一躍出版界に華々しくデビューされました。
 その後もコツコツと綿密な取材を続け現在では介護問題における第一人者として活躍しておられます。
 今回の講演会では最近上梓された『老妻だって介護はつらいよ』に基づいて今は亡き夫君の介護を巡る
さまざまな問題と共に、医療のあり方等についてのお話も伺える予定です。
 質問の時間も用意していますので楽しみにお出かけください。参加整理券は事務局までご連絡を。

日時:2019年7月23日(火)14:00~16:00

テーマ:老老介護の現実と葛藤~それでも我が家から逝きたい~

参加費:会員 無料(参加整理券必要)・一般 500円/学生300円

【講演会 報告】《第19回地球の上の女性たち 戦後70年のポーランド・アウシュビッツ 強制労働収容所の事蹟が示すもの》のご報告

平成28年2月6日(土)に行われた「第19回地球の上の女性たち 戦後70年のポーランド・アウシュビッツ強制労働収容所の事蹟が示すもの」は大盛況のうちの終了いたしました。